Monthly Archives

6月 2016

搭乗訓練タイトル
エアライン

航空管制官の初!搭乗訓練

たまにはこんなキャッチーなタイトルを付けて見ましたが、記事を書き終わってみてこれで正解でした。 語尾のATCとは航空管制官の英語名Air Traffin Controllerの頭文字をとった通称のことです。詳しくはこちら   昨日の記事でも解説しました通り、飛行機の動き=パイロットの操縦には大きな違いがあります。誤解のないように言っておくと操縦の技量に差はありますが、それも個人の差という […]…

飛行機は違う
エアライン

飛行機・パイロットの動きは違います

航空の世界ってどこかマニアックで近寄り難いイメージをお持ちの方も多いと思います。 僕自身も別に飛行機が好きだから航空業界を目指した訳ではなかったので、航空管制官になってから仕事のために仕方なく飛行機の勉強をしていただけでした。その時は。   だってその覚えなければならない知識の数たるや、空を越えて天文学的なんです。 まずは代表的な飛行機の種類や世界各国の航空会社と空港名、それぞれを決めら […]…

雨の日の飛行機
エアライン

エアラインに遅延の理由を聞かないで

こんにちは。 今日は航空管制の話というよりも人間の本質に関わる深刻な問題がテーマです。 ニュースやインターネットの記事で飛行機に乗る旅客のマナーが良い国と悪い国を比較しているのを見ると、なんか日本がとてもマナーが良いように思えてきますが僕は全然そう思いません。   ある日の関西空港ターミナル内で偶然見かけただけですが、今でも強烈に残っている光景があるので反感を買う覚悟であえて書きます。こ […]…

デルタ航空ピンク
航空保安大学校

航空管制官採用試験対策

前回のあらすじ 夢も希望も朽ち果てたイチ大学4年生だった彼は、将来の行く末を考えるだけで一日中ファミレスに居られる程悩んでいた。ドリンクバーはいつも決まってメロンソーダ。本物のメロンは苦手だがメロンソーダにコーヒーで使うミルクを入れて、メロンソーダフロート気分を味わうことが何よりもリラックスできる時間だった。 そして、男はついに偽メロンソーダフロートを一気に飲み干し、ファミレスに別れを告げる。 航 […]…

航空管制官

飛行機は空港の一体どこを走っているのか

全く航空の世界に興味もなかった頃、始めて海外旅行で飛行機に乗ったのですが、離陸に向けた走行中に一体この空港のどこにそんな走る道があるのか、と窓から外を眺めては道路の光を目で追ったりしていました。 さぞ、若かったんでしょうね。 移動で暇ありゃ寝ることしか考えない大人になってしまい、CAさんが機内食を諦めるほど爆睡してしまいます。 本題に入る前に豆知識を一つご紹介。下の写真を見てください。   […]…

レーダーアイコン
航空管制官

レーダーないと世の中話になりません

航空管制官といえば管制塔やレーダーを思い浮かべる方はまだ少なく、空港で飛行機の駐機のために旗を振る仕事と思っている人もいるのではないでしょうか。「管制」というのは正確な表現ですが実生活であまり使わないので、あえて英語名のAir traffic controllerについてお話しします。 Air trafficは「空の交通」、controllerはゲームのコントローラーと同じく「操る人または物」なの […]…

ATC無線通信英語
航空無線

ATCエアライン無線英語学院

ATCエアライン無線英語学院へようこそ。ここは巷のネイティブ英会話学校とは方向性がそもそも違います。大好きな航空無線通信の勉強を通して英語を学び、数ヶ月もすればパイロットと航空管制官の通信を聞いて理解できるようになるかもしれない可能性を少し秘めた画期的な学校です。ここに来られる生徒は皆、航空業界に足を踏み入れ始めた人ばかりですが、航空無線用語の基礎から空港が大混雑時の安全で適切な航空管制指示まで一 […]…

航空管制官

皆さま滑走路は適正に使われております

再び滑走路の話に戻ります。 早速いつものスライドアニメーションが出てきます。ここでは、自分の指示で到着機を着陸させてそのあとにラインナップした出発機を離陸させているつもりで見てください。     到着機の間に出発機が出る何てことない状況です。これがいつも続くならとても快適な仕事なのですが現実は違います。到着機の滑走路からの離脱があとちょっと遅くなるだけで出発機の離陸滑走開始が遅 […]…

航空保安大学校

航空管制官採用試験への道のり

このカテゴリーでは客観的事実はさて置き自分自身の経験から勝手に書いています。ですので航空管制官や国家公務員全体がそう考えているわけではなく、あくまですでに辞めた元職員による個人的な表現と捉えてください。 就職活動に悩んでいた当時を振り返って、航空管制官採用試験の勉強や実際に就職してみて感じたことなど、事実に基づいたちょっとフィクションくらいで書きますので眺める程度に読んで頂けたら幸いです。 &nb […]…

滑走路と管制官
航空管制官

管制塔と滑走路は大忙し!

今回は管制塔から滑走路を眺めた場合のイメージを使い、安全で効率が良い運航とはどんなものか説明したいと思います。滑走路というのは空港広しと言えども数ある道路(?)の中でも唯一、航空機の離着陸に利用できる道路のことです。滑走路を”道路”と表現されるのに違和感ある人、ちょっと飛行機マニアの危険度高いですよ! 出発機と到着機の両方が同じ滑走路を使う場合、通常は離着陸に使用する方向を […]…

管制塔説明写真
航空管制官

航空管制の仕組み

旅客機は出発から到着まで全ての動きに対して航空管制官の指示なしには動いてはいけない、ということは昨日お伝えした通りです。もしまだ指示はされてないけど動きたい、って思えばパイロットは管制官に指示くれ!指示くれ!てアピールしなければならないのです。航空管制官は複数のパイロットと同じ周波数で喋っていますからパイロットは他と競合してでも管制官に指示くれ!って言わないと、緊急時やそれに相当する事態を除き勝手 […]…