住田航空奨励賞の受賞作品を全11回分まとめました

住田航空奨励賞とは航空業界の文学賞

住田航空奨励賞とは、公益財団法人交通研究協会の審査員が航空関連の出版作品を審査し、毎年受賞者に賞状と賞金を贈呈している言わば航空業界の文学賞です。住田正二さんという運輸省、ANA、JRで重役を務めた経歴を持ち交通研究会の理事長でもあった方が発起人です。ネットで探しても受賞作品が一覧になっているものがなかったので改めて整理して作ってみました。

住田航空奨励賞の受賞作品一覧はこちら!

受賞作品著者
2008年第1回公共政策の変容と政策科学秋吉貴雄
2009年第2回新規航空会社 事業成立の研究塩谷さやか
2010年第3回航空グローバル化と空港ビジネス野村宗訓
切通堅太郎
2011年第4回リージョナル・ジェットが日本の航空を変える橋本安男
屋井鉄雄
2012年第5回LCCが拓く航空市場
-格安航空会社の成長戦略-
杉山純子
2013年第6回航空機産業のすべて中村洋明
2014年第7回落ちない飛行機への挑戦―航空機事故ゼロの未来へ鈴木真二
2015年第8回空港経営と地域
-航空・空港政策のフロンティア-
加藤一誠
山内芳樹
引頭雄一
2016年第9回空港は誰が動かしているのか轟木一博
2017年第10回大空に賭けた男たち
ホンダジェット誕生物語
杉本貴司
2018年第11回グローバル経済における空港のファイナンスと投資アン・グラハム
ピーター・モレル
木谷 直俊 (翻訳)
塩見 英治 (翻訳)

ちなみに第9回の空港は誰が動かしているのかの著書である轟木さんは、国土交通省の元キャリアさんで何度かお話をしたことがあります。まるで現場で航空管制官を経験したことがあるかのように完璧に知識があって、それをたった数ヶ月の勉強だけで身につけたと聞き、必死こいて何年も勉強と実践を繰り返してようやく身についた自分とは比べ物にならないほど頭の良い方です。本も買いましたが、内容もさることながら論理構成が上手だからでしょうか、一読するだけでスッと頭に入ってくる辺り、さすがだなと思わされました。