航空管制官

クローズアップ!航空管制官(イカロス出版)発売記念プレゼント応募キャンペーン

Closeup Kanseikan_cover_finish.indd

一ヶ月間限定!無料で本プレゼントキャンペーン告知

ある航空管制官のブログを見に来てくれてありがとうございます。書くネタに頭を悩ませながらも今まで記事更新を続けて来れたのは、素人が書くつたない文章にも関わらず生暖かく見守ってくださった皆様のおかげです。

この度、クローズアップ!航空管制官と題する本を出させていただきました。それも、航空関係者、航空ファンなら知らない人はいないイカロス出版からの発売です。初めてブログを開設した2010年3月から数えて8年半を費やした集大成です。

クローズアップ!航空管制官のためにゼロから内容を構築し、編集者の方と何度も意見交換しながら書き足し・書き直しを繰り返しました。この本は、ブログをコピペしただけのいわゆるブログ本ではなく完全書き下ろしです。

↑本の概要と全ての目次タイトルはこちらをクリック

ブログでは、Googleの検索で引っかかり易いように多くの人が検索しそうな単語を多用して文章を作ってきました。加えて、インターネットという誰でも閲覧可能な状況下においては、思い通りに書きたくても書けないもどかしさが実はあります。

しかし今回は、出版社の支援を得たおかげで、航空管制官の世界をありのままに表現することができました。この場を借りて編集に携わった関係者の皆様、アドバイスをくれた航空業界の友人に感謝を申し上げます。

そして、いつも当ブログを支えて頂いた読者の皆様に日頃の感謝を込めて、クローズアップ!航空管制官の初版本を無料でプレゼントするキャンペーンを実施します。

何名からご応募頂けるか全くもって想像が付きませんが、出版社にお願いをしてブログ読者用に無料で3冊ご用意頂きました。キャンペーンお申込みの要件は次のとおりです。(抽選・発送は2019年1月1日以降になります。)

クローズアップ!航空管制官、発売記念プレゼント応募フォーム

  1. FacebookまたはTwitterにこの記事を公開で共有(公開投稿としてシェア)して頂くこと
    ※一言コメントを付けてくれると有り難いです。
    Facebookにこの記事をシェアする
    Twitterにこの記事をシェアする
  2. 1.でシェアした後、あなたのメールアドレス、SNSアカウント名、記事の共有先のURL、SNS種類を下記フォームに入力し送信頂くこと
    ※応募受付は2018年12月31日24時の必着締切とします。それ以降に受信したフォームは抽選対象外です。
  3. 2019年1月1日以降に当選メールを受信した時、発送先の情報としてお名前、ご住所、電話番号を教えて頂くこと
    ※フォーム送信後の自動返信メールをご確認ください。届かない場合、info@moto-koukukanseikan.netが受信出来るよう設定してください。スパム判定されて別フォルダーに振り分けられている恐れがありますのでご注意ください。

なお、抽選はSNSアカウント名に一対一のランダム数を割り当てて行う機械抽選にて実施します。1名でFacebookとTwitterの両方に記事を共有して頂いた方は、お手数ですが上記フォームを2度送信してください。メールアドレスが同一であっても、SNS種類が異なれば2回分の申し込みとしてカウントしますので、抽選確率は2倍となります。

皆様からのたくさんのご応募をお待ちしております。

(SNSに記事投稿をした先のURLを入手する方法についての参照先)

Facebook→http://www.appps.jp/210213/

Twitter→https://help.twitter.com/ja/using-twitter/tweet-and-moment-url

あなたにおすすめの関連記事

1 コメント

  • 返答
    てっちりん
    2018年11月29日 at 9:44 PM

    本の内容に関する質問はネタバレしない程度にお答えしたいと思いますので、何でも聞いてください。
    誰向けに書いたのかと聞かれることが多くて、答えるとすごく幅広くなってしまうのですが、飛行機に乗る人全員に読んで欲しいと思って書きました。なぜ飛行機は世界一安全な乗り物と言われるまでになったのか、なぜ天気が悪いと遅延が起きるのか、そういった複雑そうな仕組みも考え方を理解すれば何てことないシンプルな話ばかりです。
    航空機運航の裏側をお見せして、へぇー、なるほどー、と見聞を広げる手助けになれば幸いです。
    特に管制官を目指してる人、航空業界で働いている人は、実態を知ってもらえればもっと親近感が湧くと思うんです。真面目で頭がいいけどピリピリしてそうとか、公務員だから頭が固そうとか、距離を感じているなら尚更これを読んで、どこの業界とも大して変わらない人間味がある感じを知ってほしいです。

コメントする