IoT事例

旅行先、外出先の急な充電にポータブルバッテリーが欠かせない

ingress-portable-battery

スマートフォン、タブレット、ノートパソコン、バッテリー技術が上がり長時間の使用が可能になりましたが、旅行先や外出先で充電問題に直面することは少なくありません。生活にインターネットが浸透し、ポータブル充電器は今後ますます必要性を高めています。

Poweradd(パワーアド) Pilot 2GS

  • 容量 – 10,000mAh
  • 出力 – 2ポート(2.1Aおよび1A)
  • 重量 – 258g

旅行先、外出先でモバイルバッテリーは欠かせません。PoweraddのPilotには2つのUSB接続口(青色の2.1Aポートと1Aポート)を備えているので、2つのデバイスを同時に充電することができます。現在は3色のアルミニウムボディがカラーラインアップ。展示しています。パワーアドのモバイルバッテリーはかなり軽量でコンパクトなので、ポケットに収まるでしょう。Pilotは、付属のケーブルを使用してMicro USB経由で充電します。フル充電状態でiPhoneなら約3回充電することができます。Galaxy S5のような大きめのバッテリーを搭載したAndroid携帯でも2回はフル充電できます。4つのLEDインジケータシステムで、デバイスのバッテリー残量を一目でチェックできます。

Lumsing(ルミシング) ハーモニカ型モバイルバッテリー

  • 容量 – 10,400mAh
  • 出力 – 2ポート
  • 重量 – 236g

Lumsing Harmonica Series Portable Battery Charger 16000mAh Dual-USB 2-Port External Power Bank for iPhone SmartPhones,Tablets(Gold) [並行輸入品]

海外旅行先に携帯電話を持って行く機会が増えました。Lumsing(ルミシング)のハーモニカ型モバイルバッテリーは、ポケットに入れておくだけで充電の心配が不要です。2つのUSBポートがあり、1つは1A出力、もう1つは2.1A出力です。電源ボタンを押すと4つのLEDが点灯し、1つのLEDが25%のバッテリー残量を示します。USBポートに差し込んむものを充電し、バッテリー本体は側面にあるマイクロUSBポート経由で充電を行います(スマートフォン充電プラグがないので、スマートフォン充電プラグを用意する必要があります)。USBとマイクロUSBを繋ぐケーブルとソフトなキャリーポーチが付属されています。プラスチックボディの白、黒、またはアルミニウムパネルのシャンパンゴールドは、デザインも人気です。Androidスマートフォンなら2〜3回フル充電、タブレットも数時間充電は続くでしょう。旅行先でスマートフォンを使うなら必需品です。

Zendure 第2世代ポータブル充電器

  • 容量 – 6,000mAh
  • 出力 – 1ポート(2.1A)
  • 重量 – 250g

Zendureシリーズの最小製品ながら、多くの電力を蓄えています。旅行の手荷物は軽量にしたい。耐久性があって、ケースに入れなくても圧力が掛からないように設計されたZendure 第2世代ポータブル充電器は、旅行先、出張先に持って行くには良い選択です。1つの2.1A USBポートとマイクロUSBポートが上部にあります。小さめの電源ボタンと、バッテリー残量を点灯して示す4つのLEDがあります。ポータブル充電器にデバイスを接続すると、自動的にオンとオフが切り替わるので、電源ボタンは実質バッテリー残量のチェックでボタンを押す程度です。同梱にはマイクロUSBケーブルと巾着が付いた布製のポーチ。Zendureは、スタンバイを6ヶ月続けても95%を蓄電しています。小型で強力なポータブル充電器をお探しならこれでしょう。

Anker PowerCore 20100 超大容量モバイルバッテリー

  • 容量 – 20,100mAh
  • 出力 – 2ポート
  • 重量 – 368g

Anker PowerCoreが満たすクアルコムのクイックチャージ3.0の規格では約30分間でモバイルを充電できるのだが、悲しいことに携帯電話のほうがクイックチャージに未対応なケースが見られる。とはいえ、規格以前のモバイルバッテリーとは比較にならない充電が得られる。2番目のポートは2.4Aを上回り、Power IQを使用してデバイスの充電を最適化。容量の割には小さいですが、旅行先で持って回るには大きいかもしれません。Ankerは、持ち運びに便利な丸いポリカーボネート製のポーチにバッテリーを収納します。耐火性があり、厳しい衝撃、振動、および極端な温度変化のテストをクリヤーしました。Anker PowerCoreの能力はどんな旅行先でも十分に発揮されます。ギャラクシーS7なら5回ほど、ほとんどのタブレットを2回以上充電できるでしょう。マイクロUSBケーブルが箱に入っていて、便利なトラベルポーチも付いています。

RAVPower(ラブパワー)モバイルバッテリー

  • 容量 – 20,100mAh
  • 出力 – 3ポート(3A, 2.4A, 1A)
  • 重量 – 377g

この海外旅行先でも便利な汎用充電器には3つの出力ポートがあります。2.4AのUSBポートが2つありますが、そのうちの1つはクアルコムのクイックチャージ3.0規格をサポートしています。ノートパソコン、タブレット、電話機に最大3Aの充電能力を提供できるUSB Type-Cポートもあります。残りの電力を表示するため、青色のLEDが4つ、側には大きな電源ボタンがあります。QC 3.0またはUSB Type-Cでデバイスを充電できるので非常に高速です。RAVPower(ラブパワー)モバイルバッテリーには、2本のUSBとマイクロUSBのケーブルが同梱されていますが、USB Type-Cのケーブルはありません。他に柔らかいメッシュのポーチバッグが付属しています。大容量のバッテーリーですが非常にコンパクトで軽量です。複数のデバイスを持つ旅行者には充電の最適な解決策になるでしょう。普通のスマートフォンなら少なくとも5回の完全充電、iPad Airもフル充電することができます。外出先の急なスピード充電が必要で、Type-CまたはQC 3.0をサポートするデバイスをお持ちの方にこれは必須アイテムです。

Mophie Juice Pack PowerStation Pro

  • 容量 – 6,000mAh
  • 出力 – 1ポート
  • 重量 – 360g

Mophie Juice Pack PowerStation Pro iPhone&iPad用6000mAhバッテリー ■並行輸入品■

iPhone用のバッテリーケース市場で有名なMophieが、外付けバッテリー充電器を提供していることは意外と知られていません。Powerstation Proは頑丈で安定した充電供給をメリットとして市場にアピールします。黒色またはオレンジ色のゴム製バンパーを備えたアルミとスチールで個性的です。この充電器にはIP65定格が付いており、埃や水に強いことを意味します。2つのポートカバーUSB口を保護します。microUSBの充電も対応。パワーステーションプロは、iPhone 6のフル充電を約3回行うことができます。

BESTEK(ベステック) ジャンプスターター

  • 容量 – 10,000mAh
  • 出力 – 3ポート(2 USB, 600Aの車スターター)

旅行先や外出先で困るのはモバイルやタブレットの充電だけではありません。車のバッテリー上がりすら解決するBESTEK ジャンプスターターを紹介します。2つのUSBポートからスマートフォンとタブレットを充電するのは、2.4Aと4.2AのUSBポート。バッテリーが消耗したときに車を始動させるための600Aコンセントとジャンパーケーブルが用意されています。4つのLEDインジケータで残バッテーリー量がどれくらいか知ることができます。また、緊急時には他の人に信号を送るためのSOSモードを内蔵し、懐中電灯機能も持ちます。旅行先でパワフルに活躍するBESTEK(ベステック) ジャンプスターターには、電源アダプタ、車の充電器、様々なコネクタを備えたUSBケーブル、およびジャンパケーブル、それらを入れる便利なバッグ。クリアラベル付きの説明、操作ガイドもあります。

iWalk ウルトラスリムモバイルバッテリー

  • 容量 – 10,000mAh
  • 出力 – 1ポート, 2ケーブル
  • 重量 – 223g

これは目を引くダイヤモンドのパターンと、本当に格好良い、スリムなバッテリーパックです。 2本の出力ケーブル、microUSB、およびLightningケーブルが内蔵されています。下端には電源ボタンがあり、3つ目のUSB出力ポートもあり、電源バンクを充電するためのmicroUSB入力ポートがあります。どちらも2.4Aと評価されています。これは、かなり充電することができ、6時間半で完全に充電できることを意味し、タブレットのようなものをまともな速度で充電することができます。
このバッテリーは実際には3つのデバイスを同時に充電することができますが、これは非常に便利ですが、いつでも最大合計出力が3.4Aであることは注目に値するでしょうし、バッテリーパック自体が差し込まれて充電されているとき。 LCDには残りの電力がパーセンテージ、バッテリ残量、および電流出力として表示されます。あなたは黒または白でそれを得ることができます。それは充電のためのmicroUSBケーブルが付属していますが、それらの最大の充電速度を得るために2.4Aの壁の充電器とそれをペアにする必要があります。

cheero Ingress Power Cube 大容量モバイルバッテリー

  • 容量 – 12,000mAh
  • 出力 – 2ポート(2.1Aおよび1A)
  • 重量 – 275g

Niantic Labs(ポケモンGOを開発したGoogleの子会社)のIngressファンであれば、これほど魅力的なバッテリーがないことを証明できますが、そうでなくても素晴らしい機能を備えた大容量モバイルバッテリーです。Ingressに正式に認可された製品で、使用するとさまざまな色のLEDがパターンで点灯します。ゲームのビジュアルスタイルに合わせたファンへの演出です。このポータブルチャージャーは、価格・性能面でも躊躇しません。12,000mAhの大容量で、2台のデバイスを同時に接続することができます。Cheeroはさまざまな安全機能を組み込んでいるので、本体が熱くなっても心配する必要はありません。本体のセンサーで感知して自動的にシャットダウンする仕組みでオーバーヒートを回避します。Cheeroは日本の信頼ある丈夫なメーカーですので、性能に失望することはありません。より高い容量とより低い価格のポータブルバッテリーをお探しなら、Cheero Power Plus 3をチェックしてみてください。

IOGEAR GearPower

  • 容量 – 12,000mAh
  • 出力 – 2ポート(2.1Aおよび1A)
  • 重量 – 295g

IOGEAR "GearPower 12,000mAh"

デザインよりも機能と価格を重視するなら、IOGEAR GearPowerは魅力的な選択肢になるでしょう。2つのUSBポート(1Aと2.1A)を備えているので、2つのデバイスを同時に充電できます。中央には充電用のマイクロUSBポートがあります。本体の上部にパワーボタンがあり、バッテリー充電パワーの残量を示す4つのLEDが点灯します。かなりかさばったプラスチック製のデバイスなので、決して良いデザインではありませんが、正確に安定した充電を保持し、iPhone 6を4回分充電できます。キャリーポーチ、マイクロUSBとUSBケーブル、電源アダプターが付属しています。

Mophie Powerstation Plus

  • 容量 – 6,000mAh
  • 出力 – 1ケーブル, 1ポート
  • 重量 – 160g

便利な機能が満載の旅行先で持ち運びが苦にならないスタイリッシュなバッテリーパックです。6,000mAhの容量は、少なくとも1回スマートフォンを完全に充電するのに十分です。Mophieには、マイクロUSBコネクタを備えたケーブルが内蔵されていますが、iOSデバイスの充電用に上にクリップするライトニングコネクタも含まれています。USBケーブルを使用するための2番目のUSBポートがあり、2台のデバイスを同時に充電できます。充電速度は2.1Aまで上がるため、QCはサポートされていませんが、ほとんどのデバイスで十分な充電が行われます。バッテリー本体側面には電源ボタンがあり、残りのバッテリー量を示す4つの白色LEDがあります。

iBattz(アイバッツ) Mojo Battstation

  • 容量 – 20,400mAh
  • 出力 – 2ポート(2.1Aおよび1A)
  • 重量 – 400g

20400MAH MOJO BATTST OPTM

大容量20,400mAhもあれば、小旅行程度でずっと充電の心配が要らないほどです。バッテリーのため確かに重たいですが、オレンジ色のハイライトを付けた黒色のソフトタッチのラバー仕上げは素敵なデザインです。USBポート、microUSBポート、電源ボタン、および内蔵のフラッシュを備えます。2A充電器、microUSBケーブル、Appleデバイス用の30ピンアダプタ、Galaxyタブコネクタを付属しています。同時に2つのデバイスを充電することはできますが、若干速度は遅いほうかもしれません。リーズナブルな価格帯で大容量の電力を供給し、デザインが何よりも個性的です。

あなたにおすすめの関連記事

0 コメント

コメントする

CAPTCHA