選択のカテゴリー

航空管制官

    航空管制官

    管制圏を制する目視間隔とは

    visual-separation

    管制官には業務優先順位第1位で守らなければならない管制間隔というものがあります。管制間隔はたくさん種類がありますが、特に日常の業務で意識する管制間隔の種類と大体の説明は以下。 垂直間隔 航空機の高度差に対する間隔で、多くの場合は1000フィート(約300m) 縦間隔 車の運転で例えるなら車間距離にあたる。先行の飛行機と同経路の後続機の間に適用 横間隔 航空機間の水平距離に適用 レーダー間隔 縦間隔 […]…

    続きを読む

  • 航空管制官

    理想の管制官

    管制官は交信をしながらよくメモを取ります。パイロットから気象情報の報告があったときは風向、風速、高度などの数字をメモし、トーイングから呼び込みがあればトーイングの運転手に応答するよりもコールサイン(無線で呼び出すときの名前)をメモるほうが先!というくらい重要です。 ヘッドセットの差込口や航空管制に必要な情報が表示できるタッチパネル式のモニター等を備えた管制卓の上には、ペンとメモが必ず置いてあります […]…

  • 航空管制官

    滑走路の使い方をケーススタディー

    飛行場の航空機取り扱い処理能力を高める 航空機の取り扱い機数が増えることは、経済の循環を促進して公共の利益に繋がります。成田国際空港のNAAや関西国際空港のNKIACのように民営化した空港会社にとっては、社員一丸となって伸ばしたい数字の一つです。飛行場の処理能力を高めるには何が必要かまずは整理します。 滑走路を新設 空港の取り扱い機数を増やすなら滑走路を作るしかない、というのが一般的な理解かもしれ […]…

  • airport-tower
    航空管制官

    空港の管制塔以外で航空管制官が担当する仕事

    航空管制官は管制塔から空港を支える縁の下の力持ち、のように書き続けてきたブログですが、全国で2000人近くいる管制官の全員が空港に勤務している訳ではありません。航空保安大学校を卒業した最初の赴任先で、窓の外を見ながら飛行機に指示をする管制塔の航空管制官になれるのは、各管署の要員状況にもよりますが半数くらいでしょう。 今日は管制塔以外で担当する仕事の概要と、管制席についてまとめてみました。 ターミナ […]…

  • 航空管制官

    航空機の飛行許可のため管制承認をデリバリー

    飛行機に乗り込んでチケットに書かれた座席を探したら、あとは上の棚に荷物を入れてシートベルトを締めれば出発までホッと一息。窓の外や機内の雑誌を見ながら旅行気分を抑えてリラックスしてる合間にも、パイロットは管制承認伝達席(クリアランスデリバリー)の周波数で交信をして、管制官に管制承認を要求しています。 航空機は事前にフライトプラン(飛行計画書)を提出しています。出発予定時刻の一定時間前になると運航情報 […]…

  • 航空管制官

    航空管制官の定義を口頭試験で聞いた訳

    日本の空は航空法がルールを定めています。ですが、航空管制官という文字は航空法のどこにもありません。第96条(航空交通の指示)に安全かつ円滑な航空交通の確保をするため国土交通大臣が指示する、と書かれています。また、航空法を補足する航空法施工規則では、国土交通大臣の権限で管轄が違う2人に航空管制を担当させる法律になっていて、主に空港周辺の飛行場管制業務やターミナルレーダー管制業務は地方航空局長(東京、 […]…

  • 飛行機雲と飛行経路
    航空管制官

    航空路A593にある上海方面でパイロットが行列をつくるLAMEN点

    航空地図を広げてみるとたくさんの三角形とアルファベットの文字列があることに気がつきます。エンルートは空中の高速道路と言いましたが、今日は電車にします。それも都心の複雑な地下鉄です。航空路は並行して通る経路もあれば、交差して乗り換えができる経路もあります。 各路線に駅があるように、航空路にはFIX(フィックス)という空に設置した仮想の点があります。航空路の乗り換えが可能なフィックスもあれば、ただ直線 […]…

  • 厚生労働省ストレスチェック
    航空管制官

    厚生労働省のストレス5分間チェックをした結果

    航空管制官に必要な能力のひとつが、ストレス耐性です。海外の代表的な航空管制組織ではチームワーク、柔軟性、コミュニケーション能力、判断に動じない心、論理的思考、といった点を必要なスキルとして主に挙げていますが、無線交信中の緊張感とプレッシャーに加え、航空管制官というプロフェッショナルな専門職にも一般社会と同様のサラリーマン的な厳しさが付いて回りますので、個人的にはストレス管理は重要な気がします。 & […]…

  • 航空管制官

    台風で成田空港の管制官避難により滑走路閉鎖したニュースの専門的解説

    航空管制官がメディアにどう扱われているのかとても解りやすい1日でした。こんなニュースを見なければ触れることすらなかった管制塔退避基準と、世間では気付きにくいニュースの裏側について書きます。真実かどうかは実際に確かめるまでもなく、インターネットのニュース記事を読むだけで推察できます。 航空業界の関連ニュースは、個別の航空会社が話題の中心になりがちなのであまり扱わないようにしていますが、台風で成田空港 […]…

  • 航空管制官

    緊急飛行機の安全対応講座2

    1306Z EMERGENCY = 13:06 緊急 *1306の後に付いてるZは、イギリスの標準時(日本より9時間遅い)に合わせて作った航空業界統一の世界標準時の記号。日本標準時はIエリアに属するので、1306Z = 2206Iつまり1306Zは日本時間の22:06。 MAYDAY MAYDAY MAYDAY =  メーデーはフランス語で助けに来て、を意味する遭難信号のこと。遭難信号の発信は、船 […]…

  • em-airclaft
    航空管制官

    緊急飛行機の安全対応講座

    今日は航空保安大学校で授業をしているつもりで、緊急状態を宣言した飛行機が現われた場合にどう対処したら良いかを教えます。 講師は元管制官です。もう国土交通省には属していないので、言葉に責任を持たず自由な意見をズバズバ言える立場の人間。8年間の経験で少なくとも30回は緊急状態の航空機に遭遇し、常に安全に対処をしてきました。常に安全とはいっても、パイロットからこのまま進行すると隣の飛行機に当たっちゃいそ […]…